さびしい

9月22日(木)曇り後夕方から小雨

今日は、数日前にお亡くなりになった先輩お兄さんの告別式だった。

告別式は午前10時からだったので、9時少し過ぎには家を出たけれど

斎場に着いたら、沢山の方が座っておられて、前の方の席しか空いていなかったので

「どうしよう?」とためらっていたら、たまたま壁際に席を見つけ、そこに座った。

周囲には沢山の先輩方が座っておられ、軽く挨拶をして、静かに開式を待っていた。

参列者の多いことに、お兄さんの人徳を感じた。

定刻に、式は始まり約1時間で終わり、その後は火葬場、お墓へと移動した。

斎場や火葬場では、沢山の先輩方や顔見知りの方と会え

「こんな場所でしか会えないね」と言いながら、時間を過ごし

お昼1時少し過ぎる頃には、お墓へ向かった。

お墓でお線香を灯し、お兄さんと最後のお別れをし、

その後、実家のお墓へも寄って、お参りをしてきた。

今日のお葬式では、60年ぶりに同級生に会えたり、じじの教え子ちゃんに会えたり

他町の友人知人とも数十年ぶりに会えた会えたり。

嬉しい反面、実家集落へ行くたびに寂しく思う事も。

ばばが小学生だった頃は、人口も多く、色々な行事があり、集落も活気に溢れていた。

「青年団」とか「婦人会」もあり、行事とかあれば中心になって頑張ってくれていた。

でも、ここ十数年、実家集落の先輩方が年々少なくなり、

子どもの数も少なくなり、集落の行事も、どんどん無くなって、とても寂しい。

もう2度と、あの頃の賑わいが戻ることは無いだろうなぁと思いながら、

実家集落を後にし、帰宅した。

年を重ね、ばばの年代になると「楽しいこと」よりも「悲しい事」の方が

多くなるような気がする。

だから、平凡な日々の中で、小さな喜びを沢山見つけるように

暮らしていきたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です