いつになったら?

9月18日(日)台風余波・雨風強し

台風14号、何とか過ぎてくれた。

夕べは2階で寝ていたら、時々、家全体が揺れて怖かった。

天気予報でも、「数十年に一度の災害が起きるような強風が・・」とか

「これまで例が無いような台風」とか言っていたし

町の防災無線でも「早めの避難を・・」と、何回も放送があって

夜中に停電しないかなぁ?とか大瀬川が氾濫しないかなぁ等と、不安の中での1日だった。

朝、目覚めると、風雨も大分収まっていて、安心しつつ階下へ降りた。

まず部屋の中をチェック!

洗面所と風呂場を見て「あぁ~~!!!」とショック。

天井からの雨漏りで、床が大分濡れている。

慌てて雑巾で何回も拭き、その後、大きめのビニールを敷き

その上に雑巾を10枚ほど広げ、どこに水滴が落ちるか定かで無いので

一番漏れそうな場所には洗面器を2個置いた。

時折「ポチャン、ポチャン」としたたり落ちる水滴の音を聞きながらの

1日のスタート、気分が滅入る~~

その後、窓を開けて裏の小川や菜園、玄関先の花壇や濡れ縁をチェック。

植物の葉っぱが大分吹き落とされてはいるが、大した被害は無さそう。

片付けずに置いていた、鉢植えのトラノオなども異常なし!

ただ、キツネ花は吹き倒されていた。

自宅内を見回った後、雨合羽を着て、車庫から県道もチェック。

車庫の中に置いてあった、プラスチック製の「チラシ入れ」のケースに打ち込んだ雨が溜まっている。

道路の左右を見たら、ご近所さんは雨戸を閉めている。

勿論、通行人や車は全然無い。

我が家の周辺では、被害は無さそうだ。

強い勢力を保ったまま、北上中だという台風14号。

自分たちの住む場所を遠ざかったら、今度は進行方向にいる友人、知人のことが気になる。

昨日から、都会で暮らす友人、知人達から「徳之島大丈夫?」と

電話やラインが届いていたので、気にかけてくれる方達がいるって

本当にありがたいと、いつも思う。

「ドラえもんの(どこでもドア)があれば、ばばちゃんの所へ

何でも送ってあげられるのに・・・」とありがたいメールも届いた。

空の便、海の便が止まってしまうから、どうしようも無いねぇと現実を受け止めざるを得ない。

8月下旬から、船便の航行も滞りがちで、未だに店頭は品薄状態が続いている徳之島。

これほど天候不順が続いた年があったかなぁ・・・・とさえ思うほどの数十日。

いつになったら、以前のような日々が戻るんだろう?

投稿者プロフィール

ばば
ばば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。