世界遺産記念切手

8月18日(木)曇り時々晴れ

今日は、まず「間違っていました、ごめんなさい」から・・

昨日のブログで「シマキンパラ」のことを、島では「おじさん」と言う。。。

みたいな事書いたけど、実は・・・「おじさん」と言うのは、じじだけ?かな。

スズメと似ているけれど、スズメの方が可愛くて、

シマキンパラは、じじが見ると、かわいさでは、ちょっと?と思って

「おじさん」って言ったんだって。

おじさんでも、格好良いおじさん沢山いるから、何か良い愛称、無いかなぁ。

ばばは、どこかで出会っても、スズメとシマキンパラの区別できないかも。

涼しくなって、沢山の鳥たちが渡ってきたら、又、彼方此方回ってみたいなぁ。

話は変わって・・・奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島が

世界遺産に登録されたのを記念して、8月10日、世界遺産シリーズの記念切手が発売された。

記念切手には、4つの島から10種の動植物が描かれていていて

徳之島にいるのはアマミノクロウサギと、徳之島固有種のオビトカゲモドキ。

ばばは、以前は「アマミノクロウサギ」を「奄美の黒うさぎ」だと勘違いしていたが

後日、「奄美野黒兎」=「アマミノクロウサギ」だと教えてもらった。

アマミノクロウサギは、退職してすぐの頃、井之川だけ登山の途中に

チラッと出会って、オビトカゲモドキは、じじとウォーキングをしていた時

見かけたと記憶しているが、本当に希少種の貴重な生き物なんだね。

徳之島の生き物が、記念切手になるなんて嬉しいなぁ!

じじが「複数枚買っておいで」と言ったので、買って来たけど

使うのちょっと、勿体ないような気がする。

でも、過去にも、色々な記念切手を買ったのに、

使いもせず未だ持っている物もあるから

「宝の持ち腐れ」にせず、使おうと思っている。

投稿者プロフィール

ばば
ばば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。