えぇ~~っと、あれよ、あれ・・

4月26日(火)曇り時々青空

今日もスカッとしない空模様の徳之島です。

毎日29度超えの暑い日が続いている。

昨夜、寝る前の室温は30度。

「冷房つけたら?」と、じじに言ったけど、結局はつけず。

ばばは、足下の扇風機を回しながら寝ようと決めた。

ふと、じじのベッドの足下を見ると・・・電気ストーブが!!!

ばば、まだ片付けていなかったんだ~~

「冷房、まだ大丈夫!」と言うじじの足下にストーブが・・・・

可笑しくなって、笑いながら寝た。

明け方、3時前頃目が覚めると、ばば、冬用の布団被ってた。

一応、寝る芽はタオルケットを掛けるんだけど、

念のため薄手の布団も横に準備しておく、ばば。

家の中でも外でも、数週間前から、ばばは半袖、短パン。

逆に、じじは長袖、長パン・・・真逆だね!アハハハハ~

さて、今日も、又、ばばは桜の枝を切った。

この際、思い切って、バッサリ切ろうと思ってね。

一旦、伐採始めると、どんどん切りたくなって・・・

何処まで思い切って切れるかなぁ?

午前中の作業を終わって、室内に入ると、友人Mちゃんから電話が。

「ばばちゃん、この前、○○(スーパー)で、何か買って

内地に送ろうと言っていたよね、ほら、何だったっけ?

ほら、え~~っと、え~~っと、あれよ、あれ」と、Mちゃん。

ばばも、自分が何を買って送ろうと言ったか、思い出せず、

「え~~っと、え~~っと何だったっけ」の繰り返し。

徳之島から、島外、県外へ送る物って・・・黒糖?サタマメ?味噌マメ?

この3つでは無いみたいで、ふたりして、電話越しに一生懸命考え

やっと出た答えは「けいはんの素(鶏飯の素)」。

思い出して、ホッとはしたけれど・・・ばば、実際に食べたことは無い。

・・・と言うか、買って送ることはあっても、自分たちの食事で「鶏飯」を作ることは無い。

都会から、家族や友人、知人が帰省した時は、欠かさず作るし、みんな、喜んでくれる。

一応、レシピはあるけれど、ほぼ、自己流。

温かいご飯の上に、薄焼き卵の細切り、鶏肉を炊いて細かく裂いた物

紅ショウガ、ネギの千切り、椎茸を炊いて細切りにした物などを乗せ

鶏ガラで取ったダシ汁をかけて頂くという・・・・奄美のソウルフード???

ここ数年、コロナ禍で、子供や孫、甥っ子ちゃんや姪っ子ちゃん達も帰省も出来ず

「鶏飯」を作っていないなぁ・・・・

早く、みんなでテーブル囲んで語り合いながら「鶏飯」食べたいなぁ~~

投稿者プロフィール

ばば
ばば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。