何故か涙が出そう・・・

1月4日(火)晴れ

「今日洗濯する物があったらなぁ・・・」と思える

最高の天気の徳之島です。

今朝は10時前くらいに「ボォ~~~~~」っという船の汽笛が聞こえた。

定期船が入港したんだなぁ、「牛乳とか買ってこなくちゃ!」とと思いながら

菜園や花壇を見回っていた。

すると!数日前まで気づかなかった紫色の花が見えた。

近づいてよく見ると・・・「シラン」だった。

毎年時期になると、蕾を付け、花を咲かせてくれる。

何回も書くけど「植物って、本当に偉いなぁ」。

ばばは、子供の頃は「紫色」が好きだった。

小学校の中学年の頃は、筆箱、鉛筆、その他、色々な紫色の物を集めていた。

靴?も、紫色のを履いていた記憶が・・・・

何故、紫色が好きだったの?

理由は簡単。

ばばが、小・中学生の頃は、運動会は集落別対抗で

ばばの集落「上花徳」の応援旗やハチマキの色は紫色だった。

他の3集落は「前川集落」がピンク、「新村集落」が緑、「轟木集落」が赤だったと記憶している。

だから、ばばは集落の色、紫色が大好きだったのだ。

綾小路きみまろさんでは無いけれど「あれから、うん十年・・・」

未だに紫色は好きである。

ばばが小・中学生の頃は、いわゆるベビーブームの時代で

子供の数も多く、小学校時代、ばばの同級生は上花徳集落だけでも30人くらいはいたと思う。

校歌にも「学びの友の500余が・・・」という一節がある。

しかし・・・時は流れ、現在、ばばの母校の小学校の全児童数は

2020年度は35人だったらしい。

ばばの小学時代の、集落の同級生とほぼ同人数。

子供の数が激減しているなぁと痛感する。

当時の集落、学校、同級生の事等思うと、何故か切なくなって

胸がジィ~~ンとなる。

2度と戻らない、あの当時の日々、風景、人々・・・・・

庭の隅っこに見つけた花びらから

遠い遠い日のことを思い出し感傷に浸っていた、今日のばばです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。