何処から来たのかなぁ・・・

12月8日(水)晴れ

気持ちよい晴天の徳之島です。

昨日、ばばは用事で、朝9時に出かけ、昼2時前くらいに帰宅した。

ゆっくりする間もなく、お魚屋さんに行ったりしていたら、もう夕方。

夕食の準備を終え、ブログでもアップしようかな?と思ったけど

何故か、延ばし延ばしになって、夕食が終わってから

「まだ、ブログアップしなきゃ」と思ったのに・・・・サボってしまった。

夕食の時、じじが「ばば、明日,Aの爲、昼ご飯でも作ってくれないかなぁ」

と言うので「良いよ」と快諾。

Aさんは、じじの50年来の親友で、年に何回かお弁当などを作って届けている。

とっても気さくな方で、じじやばばが困ったときはすぐ助けてくれるし

ばばも、じじの友達は大切にしておつきあいをしていきたいと思っている。

今朝は、起きてすぐ、Aさん用のお弁当準備から。

ご飯だけはあるから・・・と思っていたら、じじが「Aは白米ご飯しか食べないよ」と・・・・

そうだった!じじとばば用は、昨日、雑穀米入りのご飯を炊いてあったけど

Aさんは、雑穀米ご飯はあまり好きで無いらしい。

以前から、じじが言っているのに、ばばったら又忘れてしまってた~

慌てて、お米も洗い浸水させ、その間におかず作り。

豚骨、昆布、大根、人参の煮物と厚焼き卵、ピーマンと薩摩揚げの炒め物

後は・・・ほうれん草のごま和えと白菜やキャベツのさっと煮。

毎回毎回、同じような中身で申し訳ないと思うけれど、

ばばは、しゃれたおかずなどは作れないから仕方ない。

数ヶ月ぶりだから、Aさんも食べてくれるかなぁ?

じじが、撮影に行くついでにAさん宅に寄って、お弁当届けてもらおう。

じじが出かけた後、後始末や、お昼の準備をしていたらじじが帰宅して

暫く経つと、お昼ご飯。

時間の経つのが早い、早い!

向き合って食事をしながら、じじが「今日、海辺で遠くに鳥がいると思って

カメラを向け、撮ろうとしたら椰子の実だったよ」と言うので

そこから、何故か島崎藤村作詞の「椰子の実」について色々喋りはじめ

そして歌い始めた。

でも、途中で歌詞が定かで無くなってしまったので、

「どうだったっけ?」と言うと、じじがすぐにスマホで調べてくれた。

あらためて、島崎藤村の「椰子の実」の歌詞を見ると

何故か、ちょっと、もの悲しくなってしまう。

たまに徳之島の海岸でも、どこからか流れ着いた椰子の実を見ることがあるが

あの椰子の実や、今日、じじが見つけた椰子の実は、

一体何処から、徳之島、亀津の海岸に流れ着いたのだろう?

遙か遠い遠い国から、何日も何日も波に揺られ揺られて

何百キロ、何千キロも離れた徳之島の浜に打ち上げられたんだろうね。

ばばも、機会があれば海岸へ行って、椰子の実を見てこようかな?

投稿者プロフィール

ばば
ばば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です