11月12日(日)曇り時々小雨ちらつく

何ヶ月ぶりだろう?久しぶり、朝起きた時、小雨がちらついていて

裏の水も底の方に少し水が溜まり、流れていた。

庭の夜香木の花が無数に落ちていた。

用水路を見たついでに、ムラサキシキブの方を見ると

ガァ~~~ン!!!

黒緑色っぽい小さな粒々が今朝も無数、落ちていた。

確認してみると、他の枝の葉裏に、昨日と同じような幼虫が這っているではないか!!

何で???

昨日、大きな青虫を必死に棒で落として、殺虫剤もかけて、やっつけ

他の枝を確認しても、幼虫は1匹も見つからなかったのに。

もし、小さな幼虫がいたとして、一晩で大人の中指くらいの大きさになる?

一体、何の幼虫?

じじが「モンシロチョウの幼虫じゃない?」と言うので、ネットで調べてみたけれど

ちょっと色や大きさが違うみたい。

もう、ショックが大きすぎて、今朝はたたき落としたり、殺虫剤をかける気力もなかったので

無視する事に・・・・うまくタイミングが合えば、羽化した姿が見えるかも知れない。

それにしても、ムラサキシキブに、蝶の幼虫が付くなんて初めてのこと。

色々な予期せぬ事が起きるんだなぁ~

※下の画像は、何でしょう?

今日のブログとは関係ありませんが、いつか、この画像についてのブログも書きたいと思っています。

さて、今日は日曜日・・・と言っても、退職後のじじとばばは、毎日が日曜日だけど・・・

食事をしながら、小・中学校時代は、日曜日の朝は「日曜掃除の日」だった。

集落内、隣近所の道路や路地などをきれいに掃いて、木の葉などのゴミをまとめ

家庭に持ち帰って、燃やしたり、畑の隅に捨てたりしていた。

他の校区でも、あったのか?定かでは無いが、じじ達も「日曜掃除」はあったそうだ。

小学生だった、じじが掃除をしていると、通りかかった、どこかのおばさんが

「偉いね」と言葉をかけ、飴玉を数個くれたそうだ。

そんな時代だったんだよねぇ・・・ばば達の小・中学校時代って。

いつ頃から「日曜掃除」は無くなったんだろう?

最近、よく子ども時代、小・中学校時代の事等を思い出して感慨に浸っている、ばばです。

投稿者プロフィール

ばば
ばば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です