お手紙

7月13日(水)晴れ

今日も34度越えの徳之島です。

今朝は起きてすぐ、桜の木の方からセミの鳴き声が聞こえた。

セミの初鳴きだと思いながら食事の準備を・・と思ったら

あれっ?2声ほど鳴いて、パッと鳴き止んだ。

ヒヨドリか?スズメがサッと飛んでくるのが見えたけど、警戒して鳴き止んだのかな?

それとも?食べられてしまった?

最近、カマキリが現れたり、今日はセミが鳴き出したり・・・本格的な夏到来ですね。

昼前、ばばにお手紙が届いた。

これまでも何回かお手紙をくれたFちゃんからだった。

手紙は、いつも手書きで、お仕事の様子とか、家族、故郷に対する思いとかを綴ってくれる。

彼女は看護師さんになって2年目。

後輩看護師さん達に色々教えながら

又、患者さん達に寄り添いながら、日々頑張っているようです。

又先月は、出張か何かで出かけた先で、同級生とも久しぶりに会えて

色々語り合うことが出来たそうだ。

Fちゃんの同級生でも、結婚してお母さんなり、子育てを頑張っている子達も数名いるそうだ。

あの、幼かった子ども達が「お母さんに!」、ビックリすると共に嬉しい。

コロナ禍で、帰省したくても、なかなか帰省も出来ず我慢しているそうだ。

徳之島でも、新規感染者「減った~」と喜んでいたら、次の日は、又増えている・・・の繰り返し。

今は、ひたすら我慢の日々ですね。

まさか、こんなに長い間、マスク生活が続くなんて、予想だにできなかった3年前。

外へ出ての楽しみもほぼ無くなった。

外出時も、車外へ出るときは、必ずマスクを付ける日々。

外では、マスクを付けるのが当たり前になってしまった。

今は、ただただ我慢、我慢。

今日、手紙をくれたFちゃんも「今年のお盆こそは帰省したい」と思っているようです。

帰省して、家族とも楽しい時間が過ごせると良いね。

社会人になって、日々奮闘しているFちゃんと、ばばも会いたいなぁ・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。