30年も・・・・

4月30日(土)曇り後陽差し

暑くなったり涼しくなったり、不安定な最近の天気。

夜も扇風機回して寝たり(これはばばだけ)、冬用布団を掛けて寝たり。

今年も、連休中に「畦プリンスビーチで」は「黒糖作り」のイベントがあるそうだ。

昔ながらの、黒糖作り。

見に行きたい気もするけど、車も多いだろうし、まっ、例年通り家でゆっくりかな?

今朝食事をしながらの、じじとの会話で聞いたこと。

じじは子供の頃、じいちゃんを「アジャ」と言い、ばあちゃんを「アマ」

父親を「父ちゃん」、母親を「母ちゃん」と呼んでいたそうな。

ばばの実家集落では、ばばが幼稚園頃までは、学校でも方言で話していたが

じいちゃんは「ジィ」、ばあちゃんは「アン」、父親を「アジャ」、母親は「アマ」と言っていた。

方言では校区が違えば、同じ言葉でも、それぞれの言い方があるんだね。

ばば達は、おじさんのことは「ニャーシー」と言い、おばさんのことを「バァ」と言っていた。

どの年代の子供達まで、島の方言分かるかなぁ・・・・・

さて、今日、ばばは自分の服を全部出して「衣替え」をした。

と言っても、その数の多さに、自分でもビックリ!

夏、冬用の上着なんて、何十枚持っているんだか。

でも、そのうち実際着たのは、数枚ずつしかないのに。

ここ数年、旅行にも行けないし、外出すると言っても、

近場のスーパーと魚屋さんへ車で行くだけ。

スーパーと魚屋さん行って、買い物して、帰宅するまで、ほんの1時間足らず。

魚屋さんだけ行く時なんか30分もあれば良い。

普段の自分の生活から考えたら、あまりにも洋服の数が多すぎる。

今日も数枚は廃棄しようと取り分けたが、まだまだ処分しなくちゃ!

じじも、今はYシャツや、ちゃんとしたスラックスなんか着ることは、ほぼ無いのに

数十枚ずつもある・・・以前も、処分したのにね、ふたりとも。

衣類が多くて良い事って、何だろう?

少なければ、サッと着る服も見つけられるのにね・・・・

でもね・・・もう、30年以上経っているけど、捨てられない服もあるんだ~

ばばが仕事をしていた当時、加計呂麻へ単身赴任することになって

後輩のAちゃんがポロシャツを、ばばにプレゼントしてくれた。

自分ではブランド物なんか、殆ど買わなかった時代に・・・・

これまで、何回くらい着ただろう?

全然型崩れもしていないし、充分着られる。

数日前、ばばがこのシャツ着ていたら、じじが「格好いいね」って。

「これ、30年前、私が転勤した時、Aちゃんがくれたのよ」と言うと

じじもビックリしていた。

このシャツを着る時は、必ずAちゃんを思い出すから不思議。

色もデザインも、年齢関係なく着られるから、これからもずっと大事に着たいと思う。

さて・・・思い切って、処分する洋服類、まとめなきゃ!

投稿者プロフィール

ばば
ばば

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。