色々な人と

1月8日(土)曇り時々小雨

朝起きた時の室温、20度。

朝食の準備をしながら「よし!病院行って、薬もらってこよう」と決めた。

こういう時は、決断後の行動は早い、ばば。

食事を終え、色々片付けたりして、9時少し過ぎくらいに家を出た。

念のために折りたたみ傘をバッグに入れて。

病院は8時半から受け付け開始で、診察は9時からだからと

逆算し、徒歩で出かけた。

病院まで、約900歩位だけど、運動不足のばばだから

こんな時くらい歩かなくちゃ・・・

病院の待合室は既に10名以上くらいの方が座っていたが

窓口で受付をすると、ばばの受ける診察の受付番号は13番。

問診の前に自分で血圧を測るのだが、1回目は上が166。

え~~っ?とビックリ、だって、朝、家で測った時は120台だったのにと

もう一回測ろうと、羽織物の上着を脱ごうとしていたら

後ろから「そのままで良いのよ、上着脱がなくても」と

ばばより、高齢のおばちゃんが声をかけた。

そう言われて、目の前で上着を脱ぐわけにもいかず、再度測定。

そしたら、今度は上が136だったので「まぁ、良いか」と、それを問診に出して

診察前の待合室に・・・・

ばばが座っていると、ばばの横に来て立った青年と目が合った。

一瞬「教え子ちゃんの○○君だ」と思った。

すると、その青年が「A子のお姉さん?」と声をかけてきた。

「いえ、違います」と答えると、「ごめんなさい。あまりに似ていたので」って。

ばばも「私もごめんなさい」と言ったところから、話が始まり

青年が、小学校は隣の校区だけど、中学校は、ばばの後輩だということが分かった。

その後、青年が、ばばの実家集落の同級生の話などした。

ばばが診察室に呼ばれ、出てくると、入れ替わるように、青年が隣の診察室へ入っていった。

ばばは会計を済ませようと、受付の前へ行くと

今度は、ばばの元同僚で、先輩のお姉さんと会った。

会計を済ませ、薬をもらうために待っている間、お姉さんと近況を語り合っていたら

ばばの名前が呼ばれ、ばばは薬局へ。

その後、病院内にある「無人市場」にホウレンソウとカリフラワーと

ミニトマトがあったので、買っていたら、ばばの横で高齢のおばあちゃんが

公衆電話から、どこかへ電話をかけようとしていたが繋がらないらしかった。

おばあちゃんは、何回も100円玉や10円玉を電話機に入れてダイヤルを回したりしていたが

それでもダメらしかったので、ばばが、おばあちゃんの10円玉を入れて

番号を確認しつつ数字を押したら1回で繋がって、

おばあちゃんは「ありがとう、ありがとうね」と、何回もお礼を言った。

「いえいえ」と答え、そのまま外へ出て帰宅。

家を出て、帰宅するまで、ほぼ1時間10分くらいかかていた。

じじは、ちょうど撮影に出かける準備をしていたので、県道で車を誘導し

ばばの午前中の「仕事?」は終了。

今日も思った。

病院って、色々な人と会える場所でもあるんだなぁ・・・と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。