おみやげは、宝石?

3月9日(火)曇り時々小雨

曇り空・・・・そして時折小雨・・・今日もドンヨリ天気の徳之島です。

今朝も、ばばがウトウトしている間、じじはウォーキングと柔軟体操終わってた。

決めた事を継続するから、じじは偉いな。

朝の軽いジョギング、一昨年末、上京するまでは継続していたんだけど

帰島後、急に「コロナ、コロナ」・・・となってしまい、

「明日から又走ろう」と言っていたのに

「明日」「明日」と言っている間に、1年過ぎて

結局1年2ヶ月休んでいたのだ。

今朝はね、ウォーキングから戻って来たじじが

まだ寝ているばばに「はい、宝石のお土産!」と言いながら渡してくれた物・・・・・

「宝石なんか欲しくないよ〜要らないけど・・」と言いながらも

手を出すばば・・・・言葉と行動がバラバラ。

じじがばばに渡してくれた物・・・・

宝石?

何じゃ〜こりゃ?

「下の方が平になっているから、ペーパーウエイトにすれば良いよ」って。

たしかに、下の方は平べったいけど、上の方が何かに見えないか

縦にしたり、横にしたり・・・

横にしたら、兎さんにも見える。

縦にしたら、お地蔵様に見えなくもない。

せっかく、早朝から「お土産」って、わざわざ海岸から拾って来てくれたんだから

ありがたくいただかないと、バチ当たるかな?

じじは、撮影ついでなどにも「タラの芽」とか「シイの実」とか「ドングリ」や「松ぼっくり」等を

見つけたら、帰って来て「今日のお土産〜〜」と持ってくる。

朝は「宝石」を持ってきてくれたと思ったら

午前中の撮影帰りには「ミングイ(徳之島の方言)=キクラゲ」を

いっぱい持って来た。

「これも、バターで焼いて、塩胡椒で味付けしたら美味しいはずだよ」って言いながら。

キクラゲは細く切って、野菜と炒めたりした事はあるけど

本当に椎茸と同じ調理法でも美味しいの?と思いながら

じじが言う通りに、バターを引いたフライパンで焼いてみた。

味付けは塩胡椒のみで。

そしたら「んっ!これは、これで美味しいよ」って。

ばばは全然食べようと思わないけれど、

調理前に洗う段階から「コリコリしてて固そう」と思った。

じじが美味しいなら、後数回分、残っているから

又、バター焼きにするか?野菜炒めにするか?試してみよう。

本当に、徳之島の海や山って、自然の恵みがいっぱいだね。

そうそう、我が家の庭にある桜の木の枝にも

1週間ほど前、大きなキクラゲを見つけたけれど

「採って、じじの為に調理してみようかな?」とは考えもしなかった。

じじはさ、ばばを喜ばそうと、海岸から「宝石」を持ってきてくれたり

山からは「山の恵み」を持ってきてくれたりするけど

ばばは、じじに何もあげていないなぁ・・・・

月下美人や夜香木の素敵な香りでもプレゼントしましょ。

その爲には、ちゃんと肥料を施したりしないと・・

夜香木も月下美人も、沢山の花を咲かせてくれますように・・・・