被害は無かったと思いきや・・・・

7月27日(月)晴れ
台風12号の爪痕は彼方此方に残っているらしい。
台風後、初めて撮影に行ったじじが帰宅後
道路に土砂堆積跡が彼方此方見られ
今日も、役場職員さん達が、色々調べていたんだって。 
我が家は、ほぼ被害無しと思っていたが、
車庫に運び込んだ植物を、元の場所に出していた時、気づいた。
西からの風で、雨が我が家の車庫にも打ち込んでいた。
我が家の車庫は、軽乗用車が2台入れられる奥行きしか無いが
車庫の半分位まで、雨が打ち込んだようで濡れていた。
昼前、倉庫に掃除用具を取りに行って、ビックリした!
倉庫の入り口から3メートルほどまで雨が打ち込んであった。
一瞬、雨水が流れ込んだのかな?と思った。

何故なら数年前は、溝から溢れた水が
道路から20センチ位は上がっている倉庫の開き戸の下の隙間から
流れ込み、紙箱に入れていた書籍類や
衣類などが水浸し状態だった。
それ以来、倉庫に入れるものは衣装ケースなどに入れ
金属製のシステムラックに乗せておくように対策していた。
しかし、5月に亡くなった母の着物1枚は紙箱に入っていたので
そのまま段ボール箱の上に置き、
和服用の小物類はビニルバッグに入れたまま置いていた。
紙箱に入っていたままの着物が濡れてしまっていた。
慌てて取り出し、広げては見たが・・・・

帰宅したじじに、母の着物が濡れてしまっていたことを話し
又、大量降雨で、道路や溝から溢れた水が
倉庫に流れ込んだのだろうか?と聞くと
「いや、西寄りの風だったから、横殴りの雨が長時間降り続き
扉の下5ミリ位の隙間から水が入り込んだんだろうと・・・・

倉庫や車庫の点検が後回しになってしまったけど
やはり、我が家でも小さな被害はあったようだ。

そうそう、昨日は買い物帰り、お墓に寄った。
湯飲みや盃が吹き飛ばされていないか気になっていたが
どうも無く一安心。
湯飲みや杯を洗って、水などを入れ替えた。

実は、前に台風後から気になっていたことだが・・・
我が家の墓に、上の方の通路?から砂や砂利が大量に流れ込んでいた。
このままでは、これからも台風や大雨の度に、
我が家の墓に土砂や砂利が流れ込むだろう。
シルバーさんにでも頼んで、お墓の回りを
コンクリートで囲ってもらおうか?と思っていた。
三方はちゃんとコンクリートで囲われているのだが
入り口だけは開けてあり、そこから土砂や雨水が流れ込むのだ。
何とか対策しよう・・・と思いつつ、それから1週間後位
再びお墓参りに行った。
すると、家の墓に下りる通路に黒い土嚢が数個積まれていた。
どなたが積んで下さったのかは分からない。
不思議に思いながら、昨日、又お墓に行ったら
今度は土嚢の数が10個以上に増えていた。
一体、どなたが?
墓地なんて、町が管理するのではないだろうから、
どなたか個人が積んで下さったとしか思えないが、
心当たりは全く無い。
我が家のお墓近辺で、土砂などが流れ込みそうなのは、
我が家の墓だけなのに・・・。

たまたま昨夕は、我が家の墓とと隣接する墓でも
台風の後始末をしている知人がいたので
どなたかが土嚢を積んで下さってあると言うことを、ばばが話すと
知人もわざわざ現場を見て
「こんなに沢山土嚢を積んでくれるなんて・・・」と
ビックリしていた。
一体どなたの善意でしょう?
分かったら、きちんとお礼をしなくちゃ・・・と
思いながら帰宅した。