さて、どうしようかなぁ・・・・

4月30日(金)晴れ

今日はお日様キラキラ、風も無く穏やかな天気の徳之島です。

我が家の庭では、スズメたちがどこからか咥えてきた餌をチュンチュンつついたり

屋根の下からはヒヨドリの声も聞こえる。

もしかして?ヒヨドリ・・・・ヒナが誕生したとか?

見てみたいけど、覗くことは出来なくて残念!

夜になると、裏の小川?溝で蛙たちが鳴いたり、賑やかになってきたよ。

今日で4月も終わり・・・1年の三分の一が終わっちゃうんだね、早いなぁ・・・・

とか思いながら、数日前の事を思い出した。

その日、冷蔵庫の整理でもしようと冷凍室を開けたら

んん?見たような気もするけど・・・・と思う塊が出て来た。

ネズミの餌

何と!「ネズミのえさ」と書かれた包みが。。。。。

あぁ〜、去年・・・・と思い出した。

ある朝、起きて階下へ下りたら、あれれれれ〜

米櫃の蓋が、前夜、ばば達が寝た後、何者かに囓られてあった。

こんな悪さをする犯人はすぐ分かった。

でも、いつ、どこから侵入した?と言うことで、考えたら

いつ、侵入したかは分からないけれど、きっと6箇所もある窓の何処かを完全に閉めて無くて

そこから侵入したはず・・・・

そう言えば・・・・夜、天井を何かが走り回るような音もしていたなぁ・・・

去年も書いたけど、裏は小川?溝?だし、門のすぐ横が雑草が生い茂った空き地だし

境界に石垣とかもあるし、飲食店もあるしネズミにとっては住みやすい場所かも。

家の中にネズミが入り込んだら、それこそ大変!

と言うことで、その晩から罠を仕掛けた。

その時の餌が、画像の脂身。

豚骨の脂身はじじも食べないので、いつもなら切り取って捨てるのだが

この脂身をネズミの餌にしようと即決。

そして、階段の下、扉の無い戸棚の前、倉庫、流しの前等々

ネズミが出そうな場所数カ所に罠を設置。

すると!翌朝から次々とネズミがかかって・・・・かかるのは嬉しいけれど

でも、処分が駄目!

無理矢理じじに処分はお願いし、数日でネズミは現れなくなった。

じじとばばの、ちょっとした油断が、ネズミを呼び込んでしまったんだよなぁ・・・

それにしても円柱型の米櫃の蓋の下数ミリほどだけをガガガガガッと囓り取ってあった。

米櫃に入られるほどは囓られてなかったので、米は1粒も食べられては無かった。

それにしても、その米櫃は、ばばが仕事をしていた時の異動時に

大好きだった上司の奥様と、その友人のおふたりから

他の容器とセットでプレゼントされた物だった。

お米がピッタリ5キロ入るし、かさばらないし、重宝していたのに・・・

使い始めて、もう20年位。

そんな大事な米櫃を囓ったネズミが憎くて、退治はしたけれど

罠に引っかかって、必死にもがいているネズミを見ると、又可哀想で・・・・

それが、約1年前の出来事だった。

今回、冷凍庫から出て来た脂身の塊は、その時の「餌の残り」。

もう、こんな餌を使うような事は、二度と起こって欲しく無い。

そのためには、ちょっとでも外に出る時は、網戸をきっちり閉めないといけないから

じじもばばも、自分達が気をつけなくちゃね。

今回出て来た「ネズミのえさ」・・・・さて、どうしようかなぁ?