誰が?いつ?何の為に?

3月7日(日)雨

夕べ、真夜中、じじが起きる気配がした。

時計を見ると、午前1時過ぎ。

じじは洗面所の方へ行ったが、なかなかベッドへ戻る気配がない。

「又逆流かな?」と思いながら、最初のうちは暗闇でジィッとしていたが

電気を点け、じじに「大丈夫?逆流?」と声をかけたら

「大丈夫」と返事があったので、ホッとした。

それからも暫くして、じじはベッドへ戻り、又寝たようだったが

ばばは電気を消しても目が冴えて眠れなくなった。

仕方が無いので、ラジオのスイッチを入れ聞きながら眠くなるのを待った。

落語があり、その後午前2時過ぎ・・・・松任谷由実さんの音楽が流れている。

約1時間経ってもまだ眠れない。

今度は、昔の歌謡曲が流れはじめた。

ばばが生まれる10年も前の曲が流れたが、聞き覚えがあり

頭の中では歌えるのが不思議だった。

その内4時になり、今度はNHK歌のお兄さん田中星児さんへのインタビューが始まった。

又々知っている歌が流れ、ますます眠れなくなった。

眠れないなら、このまま朝まで起きておこうと決め、ラジオを聞き続けていたら

いつの間にか寝ていた。

その後、何か気配がするようで目が覚めたら、じじがラジオ体操を始めていた。

「じじ、もう、ウォーキング行って来たの?」と聞くと「行って来たよ」って。

偉い!

「天気は良いの?」と聞くと「いや、帰りは小糠雨で、濡れないようには知って帰って来た」って。

雨???そう言えば、雨の音が聞こえるような・・・と思いながらパッと起きて階下へ。

既に、じじがカーテンも開けてくれてあった。

食事の準備をしようと思いながら、ふと外を見ると

昨夕まではなかった白くて、長丸っぽい物体が花壇の中にある。

何だろう?と思いながら外へ出て謎の物体を見ると、長さ20センチ位の貝殻だった。

貝殻

いつ?誰が、何の為に?置いたの・・・気味が悪いと思いながらも食事の準備を終え

じじに声をかけた。

「ねぇ、夕べまでなかった大きな貝が花園の中にあるんだけど・・・」と言うと

「あぁ〜、それ海岸で拾ったから、持って来て僕が置いたんだよ」と。

更に「小雨がぱらつきだしたから、頭を濡らさないように

貝で雨を避けながら帰って来た」とさ。

貝で雨避け???何だか想像しただけで笑えてきた。

その後、じじが言うには、持ち帰った貝殻を花壇の端の方に仰向けに置いたんだって。

何故?と聞いたら「貝殻に水を入れて置いていたら、もしかして、

庭に来る小鳥がそこから水を飲むんじゃ無いかと思って」と。

でも、残念ながら、水を入れて置いたら、水が漏れてしまって水入れとしては使えないって。

じじは、ウォーキングやランニングをしながらも周囲にも目を向け

色々な物を見、色々な事を考えているんだね。