喜んでくれるかなぁ

12月19日(土)小雨時々曇り

今日も小雨の徳之島です。

1昨日は寒くて、背中にカイロを貼って過ごしたが

昨日と今日は、そんなに寒くは無い。

夕べも暖房無しで眠れた。

昨日は、1ヶ月前から予約してあった、ある場所へ。

予約時刻は午前9時。

ところが・・・前日、急に小包を荷造り、昨朝発送する事にしたばば。

普通の小包なら、ご近所のお店で送れるけれど、昨日はたまたま生ものを入れた荷物。

これは、郵便局窓口まで行かなくてはならない。

予約が9時だから、郵便局は8時30分位から開くだろうから

少し間を置いて、9時30分家を出て、荷物を送り、それから予約した場所へ行けば良いと

余裕綽々で、予定通り家を出た。

幸い、郵便局の駐車場も開いていてラッキー。

荷物を抱えて、車を降りた。

ところが・・・・入り口のカーテンが閉まっている。

えっ?今日は金曜日だよね・・・と頭の中で考えた。

局敷地内の荷物を積み卸しする場所では、既に何名かの方が作業していた。

荷物が少し重いので、作業している方達の近くまで行って

「表の方は何時から開くんですか?」と聞いたら、

何と!「9時からです」って・・・・・ガァ〜〜〜ン。

8時30分からじゃ無かったんだ〜〜ばばの思い違い。

車に戻り荷物は車内に置いた。

時計を見ると、まだ8時40分にもなっていなかった。

次々お客さんは来た。

ATMはもう使えるようだった。

ばばは、予約した場所へ「すみません.今、郵便局の前にいるんですけど、

時間を間違えてしまって、9時からしか開かないそうで、少し遅れます」と電話を入れた。

すると「あら、私も郵便局に用事があるんだけど」と相手の方が言われたので

用事を聞くと、ついでにばばが出来る事だったので

「じゃ、私がそちらへ行って、その用事もついでにやりましょうか?」と言ったら

相手の方は恐縮しながらも、大喜び。

どうせ、車の中で待つ位なら、知人の役に立つ事をした方が良いと判断し

知人宅へ行き、封筒とか預かって、局へ戻ったが、まだ、9時にはならない。

もうそろそろ・・と入り口へ行くと、ばばの後輩がふたり立っていて

「あら、あら、○○会しましょうか?」と言って、3人で笑った。

程なく玄関が開いたので、荷物を車から出して抱え、

先ずは窓口へ行き、知人の用事を済ませ、それから荷物の発送。

予約した場所へは10分も遅れずに到着〜〜〜良かった、良かった。

普段、自宅から徒歩数十歩のお店で荷物が送れる事のありがたさを

つくづく実感した時間でした。

昨夜、食事をしながら、じじが「ばばが作った豚骨煮があったら

Yにも持って行ってあげようか?」と言った。

「良いよ。明日朝ご飯も新しく炊いて、豚骨や厚焼き卵を入れて

届けてあげたら」と答えた。

Yさんは、じじの大切な友達。

ご飯は雑穀など入れない方が好きみたいだから、

つい先日入手した、精米したての新米で炊こうと思った。

今朝は、起きてすぐお米を洗って炊飯準備。

でも落ち着いて考えたら、夕べの内でお米洗っておけば良かった・・・今の時期なら。

圧力鍋で炊くから、3,40分あれば大丈夫だよね・・・と思いながら。

そのご自分達の朝食準備して、食事を終え,Yさん用のお弁当準備。

大根、人参、昆布、豚骨の煮物と、ホウレン草のゴマ和え、

炒めゴーヤのゴマと鰹節絡め、梅干し、後はフルーツがあれば良いかな?

手順を考えながらチャチャッと料理・・・・

それでも、お握りまで作って詰め合わせるまで2時間以上かかってしまった。

今夜の分まであるようにと、少し多めにパックに詰め

フルーツまで入れたら、パンパンで蓋が閉まらない。

炊きたてご飯は、軽く形を整え・・・さて何に入れようか?

と思ったら、数日前使い終わった、ティッシュの可愛い外箱が・・・・

これに入れよう!とラップを下に敷いて、入る分だけ詰め込んだ。

そして、おやつには一昨日作ったドーナツも少し。

三作さんへ

おかず類は味が混ざらないように、種類毎にラップで包んだので、

写真撮ると、見苦しい〜〜食欲減退するのでは?とちょっと心配。

それに、おむすびの形の歪異な事。

ふわふわ感を残す為にって・・・あまりにもいい加減じゃ無い?

と思ったけど、一応、じが下りて来たので「これで良いかな?」と見せたら

「上等、上等、Y、喜ぶよ」って。

じじがすぐ届けに行ってくれたら、Yさん、とても喜んでくれたって。

じじの事、とても気にかけてくれるお友達Yさんに喜んでもらえる事

ばばも少しでも出来たら嬉しいよ。

投稿者プロフィール

ばば
ばば