島料理

12月18日(金)曇り時々小雨

今日は少し晴れるかな?と思いながら、朝から外出。

色々な用事を済ませ、帰宅の途につく頃は、又しても小雨。

傘を差しながら買い物をして、最後に豚骨を買おうと肉屋さんへ。

「豚骨を○○円分下さい」と言うと、お店のご主人が「アバラじゃないの?」と言われた。

「えっ?今まで、豚骨って言っていたんじゃ?」と思いながら

肉を入れてある棚を見ると、骨付きは「豚足」と「アバラ」しか無い。

今までもずっと買っていたのに、「アバラ」じゃなくて「豚骨」と言っちゃった。

「すみません、アバラを下さい」と言い直した。

このお店の豚骨は肉がタップリ付いていて、脂身も少なくて

2,3ヶ月に1回、まとめて買って、圧力鍋で調理し、小分けにし

冷凍保存しておくと、食べたい時にサッと出せるから便利なんだよね。

買い物を済ませ、出ようとしたら、入れ替わるように

見た事のある様なご夫婦が入ってこられた。

ばばの実家集落の先輩ご夫婦だった。

奥さんの方がばばを見て「あらぁ〜あんた、○ちゃんね、△ちゃんね」と尋ねた。

実家へ行っても、集落内で人と会う事はほぼ無いし、

ばばが子どもの頃から知っている方ではあったけど、マスクをしていたから

ばばか、ばば姉なのか、分からなかったみたい。

「お久しぶりです。△です」と答えると、「そうだとは思ったけど

マスクをしていると、すぐすぐに誰か分からないよね」って笑いながら

「ほら、○ちゃんの妹の△ちゃんだよ」って、ご主人にも教えていた。

ばばは、朝家を出て、もう2時前だったので急いで肉屋さんを出た。

家に着いたら、もう2時過ぎ。

それからパソコンを立ち上げて、ブログでも書こうかなと思ったけど

あと1時間しないうちに、お魚屋さんへ行かなくちゃならないし

ブログは、それから書くかと思っていたら、タイミング良く姉が下りて来てくれたので

一緒にお魚屋さんへ。

ずっと天気が悪いので、姉もなかなか下りてこられず、久しぶりにふたりでドライブ。

魚屋のご主人も、姉が一緒だったので喜んでくれ、色々な話をしてくれた。

刺身を切ってもらおうと思っていたら、綺麗なクモが糸を張っていた。

クモは、害虫を食べてくれるし・・・・と思ったけど棒きれを使って場所移動させる事に。

クモ

地面に下ろすと、お腹の方はちょっと赤っぽくて綺麗だったけど

じっと見ていると、ちょっと恐くなって・・・・クモも必死に起き上がって広い畑の中へ逃げて行った。

恐いくせに、虫等、じっと見る、ばばの悪い癖。

あのクモの名前は何て言うのかなぁ?

帰宅後は、買って来た豚アバラを、圧力鍋で一茹でし、脂分を全部切り捨てて

醤油、みりん、酒、ニンニク、生姜など、目分量で入れた鍋に移して、味付け中〜〜

豚骨煮つけ

30分位かかるかなぁ?タレが煮詰まって絡めたら完成〜

ばばも、数日前、何年かぶりかで試しにと、味付けしたアバラ肉を食べてみたら

肉がホロッと外れて美味しかった〜

これまで、何年も、肉類はほぼ食べなかったけど、

自分で調理したアバラ肉なら大丈夫!これからはじじに負けない位食べよう!

ばばが肉を食べたら、じじがとても喜んでくれたから。

今夜は、熱々のアバラ食卓に並べよう。

子ども達にも食べさせたいなぁ・・・