HABUDAS2020

4月9日(木)曇り後小雨

今朝、広報徳之島4月号が届いた。

広報と共に入っていたのが「HABUDAS2020」。

ハブ情報誌

これはハブ対策推進協議会の情報誌である。

読んでいて、ビックリ!

何と、令和元年ハブ咬傷者数が50名で内訳は

奄美大島21名、徳之島29名だっったそうだ。

更にビックリしたのは、ハブ買上数が20,504匹。

2万匹以上のハブが捕獲されていた。

内訳は奄美大島が12,468匹で徳之島は8,036匹と書かれていた。

2万匹以上のハブが捕獲されていたなんて・・・・・

ハブって怖いんだよね〜噛まれて死亡することもあるから。

ばばの身内では父が噛まれたし、従姉妹姉さんも噛まれ

ご近所さんでも噛まれた方がいたが、生命には別状無かったのが不幸中の幸いだった。

情報誌によれば、ハブが生息するのは奄美大島・加計呂麻島・請島・与路島・徳之島・・・・

ハブは気温が18度〜30度くらいの時,特に24度前後が最も活動するらしい。

直射日光には弱いので、日光を避け草木の陰や薄暗い所にいる事が多い。

餌は80%以上が野ネズミらしいが、他にも鳥類やトカゲ、カエルなども食べる。

とぐろを巻いていても一瞬にして、相手に飛びかかるって、子どもの頃聞いた事がある。

だから、むやみに草むらなどに足を踏み入れてはいけないとも・・・

奄美大島、徳之島でハブを捕獲して持ち込んだ人達に聞いてみたところ、

国、県、市町村道でが2081匹で最も多くて、次いで林道、農道だったらしい。

と言う事は?普通の道路に一番出没するんだね、怖いよ〜怖いよう〜

何日か前のブログにもハブの事を書いたような気がするけれど・・・・

ばばが今住んでいる家も気をつけなきゃ〜と思う。

裏の幅1メートル位の排水路両側もハブの格好の住処になりそうだし

数愚痴書くに雑草の生い茂った場所があるし、

それ以外でも、言えと続いている倉庫に入る時も

戸を開けたら,まず足下を見て、それから天井、棚の隅々、等を見てから

入るようにしている。

しかし、慌てて何か取りに駆け込む時とかは注意散漫になりがちだから

再度、気を引き締めて、動かなきゃ〜

実家の庭や周辺に除草剤を撒きに行く時も、あまり雑草が生い茂っている時は怖いから

長靴を履いて行く事にしている。

足を踏み入れる前に、長い棒で草むらを叩いたりもするしね。

今日、情報誌が届いて、あらためてハブの怖さと、安全策について考えたばばでした。

ハブを買い取っているのは,徳之島の場合、徳之島役場、徳之島町保健所、

徳之島町役場花徳支所、天城町役場、伊仙町役場だって。

ばばがじじと結婚した頃は、ハブ一匹捕獲して、買い取り所に持って行くと

5000円で買い取ってくれると聞いていた。

その後、3000円になっているってよとか、聞いた事もあるけど・・・

捕獲したハブを、どのようにして買い取り所に持って行くか?

そう言えば…子どもの頃は実家近くの道路などにも「ハブ用心棒」と言って

細長い木や竹の棒が塀等に立てかけられていたなぁ・・・

捕まえたハブを入れるのは木の箱で、上の方に四角い孔があって

蓋が出来るようになっていて・・・カギもあったかなぁ???

とにかく捕まえたハブの尻尾だけを持って下げたりしたら、

クゥ〜〜〜っと頭を持ち上げて、そのまま人間の手や足に噛み付いたりするから

怖いんだよとも聞いたなぁ。

ここ数年「ハブより怖い飲酒運転」という標語をどこかで見たような気が・・・・・

どちらも気をつけるに超した事は無いよね,命に関わる事になりかねないから。

朝届いたハブ情報誌を見たら、とりとめも無い文をダラダラと書いてしまった。

ごめんなさい!

投稿者プロフィール

ばば
ばば