ささやかなプレゼント、他

12月27日(日)晴れ
親子4人、お昼は外食しようと決め出かけた。
娘達が場所を決めてくれた。
徒歩でも行ける距離にあるお店。
ピザとパスタを2種類ずつ頼んで、4名で分け合うことに。
食後に飲み物を頼んだ。
カフェラテ・補とコーヒー・オレンジ系ハーブティー・ルイボスティーと
それぞれ違う物を頼んだが、運んできてくれたお店の方が
誰が何を頼んだか分からなかったはずなのに
間違えることなく、それぞれが頼んだ飲み物を
それぞれの前に置いてくれたのには、ビックリ!
「どうして分かったんですか?」と聞いたら
じじが何を注文したかは会話をちらっと聞いて分かったそうで、
ハーブティー2種は、誰がどれを頼んだか勘で置いたとのこと。
すごいなぁ。
食事の後、じじは一人別行動。
女3人は一緒に近場のショッピングモールへ。
駅へ行くのに、急な坂道を上がらなければならないんだけど
楽に行けるルートがあるとのことで、娘達に付いて行った。
ある建物の中を通り抜けていくのだが、その建物の中の装飾が凄かった。
廊下はイルミネーションや浮世絵風の絵で彩られていた。

娘がトイレに誘導するので「?????」と思いながらも付いて行くと
トイレの前には10人位の人たちが並んでいた。
天井も浮世絵風の飾りが施され、トイレの入り口の作りから
時代劇の中の建物の内部みたいだった。
トイレは3つあるそうだが、別にトイレに入りたくもないので
そのまま外へ出た。
その後は、エスカレーターを使って駅の近くまで行き電車に乗った。
約2時間、母娘3人でショッピングを楽しんだ。
3人でじじに、お土産を買った。
セーターや手袋、暖かい上着。

帰りながら夕食の食材を買って、じじより一足早く帰宅。
じじが帰ってきたら、すぐに試着してもらったら
「暖かい、暖かい」って喜んでくれた。
女性3名に、いつもいじめられているじじに
心ばかりのプレゼント。
喜んでもらえて良かった!