えっ?

12月6日(日)雨
じじが大病をしてから、我が家の朝食はパン食を続けている。
毎朝欠かせないのが、野菜・ほんの少しの肉・コーヒー
そして・・半熟卵。
それも去年辺りから卵はなるべく「ヨード卵」とのリクエスト。
毎朝半熟卵を1個作るのに、我が家では小さな鶏型の容器を使っている。
じじが療養生活をしている間に、娘が使っているのを見て
「これは良い!」と、我が家でもネット販売を利用して買った。
今使っているので3代目くらいだろうか?
容器の中に、適量の水を入れてから卵を入れ
レンジで夏場は2分50秒、冬場は3分でセットする。

今朝も3分でセットして半熟卵完成!
朝食セットが出来たのでじじを呼んだ。
階下に降りてきたじじ、先ずは半熟卵を両掌で包み、
冷えた手を温めるように軽く動かした。
と、直後に「しまった!」と言いつつ、お皿の上に手を・・・
何と、両掌で包んだ卵が割れてしまったのだ。
割れた卵を上手くお皿の上に持って来て、
テーブルを全く汚さずに、お皿に入れた。
その後、じじったら「僕器用だなぁ・・・
一欠片もこぼさずお皿に入れられたんだから・・と、
大爆笑するばばの横で、自分で自分を大絶賛。
半熟卵を掌で包んだまま割ってしまうなんて、ここ10年無かったこと。
よっぽど、卵の殻が柔らかかったんだろうか?
自分を大絶賛しながら、じじもよっぽど可笑しかったのか、笑う、笑う・・・
食事の前から、二人して大笑いで1日のスタート。
「笑う門には・・・」なんて、気の早いことを言いながら・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
9時過ぎ、親戚のお姉さんから電話がかかってきた。
ばばが送った贈り物が昨夜届いたと、お礼の電話だった。
そのお姉さんの電話で、又々笑ってしまった。
昨夜、8時過ぎ。
お姉さんは少し頭が痛くて早く寝ていたそうだ。
8時過ぎに、玄関でピンポンピンポンなるので、
ご主人がインターフォンで「どちら様ですか?」と聞いた。
「郵便局で荷物を届けに来ました」と言うので、
お兄さんは更に「どちらからの荷物ですか?」と聞き
配達の方が「徳之島の、ばばさんと○○さんからです」と言うと
やっと玄関を開けて荷物を受け取ったそうだ。
最近は、物騒なことが結構あるので、念には念を入れたんだろね。
お姉さんは笑いながら話したが、お兄さんの行動、正解だよね。

我が家でも、最近は早々に門扉や車庫の鍵を閉める。
たまに、夜8時前後、固定電話に見覚えの無い携帯から電話がかかることがある。
不思議に思いつつも、一応は出る。
すると、宅配さんが車庫前まで来て、鍵がかかっているので
電話をしてくれるのだ。
夜は荷物の受け取りも、じじにして貰う。

郵便局や、宅配の配達員さん、夜の配達ご苦労様。
そして、ありがとうございます。

投稿者プロフィール

ばば
ばば