勝負!

3月9日(月)曇時々小雨風強
3月になって、「ばば黄化道」まっしぐら。

「黄化道」って何?
それはね、ばばが黄色くなること。
って・・・・
そう、昨年11月末から食べて食べて食べ続けている柑橘類。
徳之島は、まだ美味しいタンカンがあるので
彼方此方探し回っては買って食べ、買って食べ・・・・
数日前の食後、「ホラッ」と、じじの前に右手を広げて出し
「じじは?」と促すと、じじもばばの前に「ジャンケンパー」と
掌を出した。
おっ!今年も、ばばが完全勝利!
じじの掌は奇麗なピンク色、ばばは白っぽいけど黄みがかっている。
やったぁ!1勝!
次に、友人のお姉さんに勝負を挑んだ。
お姉さんの手もほんのりピンク色。
差し出すばばの黄みがかった掌を見て、お姉さん、笑う、笑う。。。。。
正に「腹を抱えて笑う」を体現している。
つられて、ばばも笑いが止まらない。
やったぁ!2勝目!
姉にも挑戦したら、文句なしにばばの勝利。
3勝目!

だって・・・ミカン大好きだもん!
美味しいもん!
止められない、止まらないんだもん!
ばばの掌、どこまで黄色くなるんだろう?
掌だけ黄色くなるはず無いから、
ばばの体全体黄色くなっているのかなぁ?
と、考えると、ちょっと不気味〜怖〜い!
でも、タンカンがあるうちは、食べ続けるよ、きっと!

昨日、娘にメールした。
「ジャガイモ、要る?」って。
「ジャガイモは、まだあるから、タンカンがあったら欲しいな」だって。
「もう、あまり良いタンカンは無いよ」
「良くなくても、いいよ〜」
そうだよね、外見はちょっと傷とかあっても、
形は不揃いで、粒が小さくても味は変わらないからね〜
さすが、ばばの娘。

小学生の頃、ミカンを食べすぎて「黄疸?」
って言われたというエピソードを持つ娘。
昨夕、あるお店の前を車で通ったら、網に入ったタンカンが見えた。
「前の日は1袋しか無かったから、今日、入荷したばかりだな?」と思ったばば。
後続車がいたので、一旦広い場所まで走って、方向変換し
タンカンが山積みされていたお店へ戻った。
お店の方も顔見知りなので、
姿形が奇麗なのがたくさん入っている袋を選んで貰い、購入。
夕べで箱に入れ、今朝、荷作って、撮影に行くついでのじじに
郵便局まで運んで貰い送った。
送料を手渡そうとしたら「いらないよ。お金持っているから」って。
大好きな娘達への送り物だから、送料も受け取らないの???
ありがとう〜。
木曜日か、金曜日には届くかな?
楽しみに待っていてね〜。
近くだったら、娘とばば、掌の「黄化」勝負できるのに、残念だな〜。
勝負しなくても、まぁ、ばばが勝っているとは思うけどね。
この自信、怖い。。。。

徳之島のタンカンもそろそろ終わりかなぁ・・・・・
それでも、朝・昼・夜と、食事の度、気分に応じて
タンカンをいただいている、じじとばば。
好きなだけ、タンカン食べられるのも農家の方々のお陰様だね。
ありがたいなぁ。

今晩も、タンカン、いただきま〜す!