ばばは犯罪者?

9月12日(金)はれ
お昼ご飯の時、じじが言った。
「ばば〜、もし雑草界の裁判所で裁判したら
ばばは死刑だろうなぁ〜」って。
お〜〜っ、なんて恐ろしいことを!
じじのこの発言には、前奏段階があった。
食事中、網戸、レースノカーテンガシまで閉まっているにもかかわらず
虫が1匹ばばの回りを飛び始めた。
「蜂?アオバエ?」と瞬時に思ったが、どちらも嫌だ〜。
「蝿?蜂?ホラッ、冷蔵庫の方へ飛んで行った。
あっ、カーテンの下の方に行った!」と、ばばがうるさいものだから
じじは、食事を中断し、ハエ叩きを持って「虫」を追跡、
遂に撃墜した。
「何?何?蝿?蜂?」と、なおも言いながら
撃墜された虫には「ごめんよ〜飛び込んでこなければ
奪われなかった命だったのに・・・・
仲間やお父さん、お母さんは悲しんでいるだろうね〜」とばば。
すると、じじが「じゃぁ、虫を退治してあげた僕が悪いのか?」と反撃。
その直後に「もし、雑草界の裁判所で云々・・・」と。
じじが言うのにも一理ある。
ごもっともである。
ばばは、雑草を大量虐殺を平気でしている。
家の周辺、実家の庭や裏の畑、車庫回りやお墓の近く等々・・・
何ヶ月かに1回は除草剤を撒いているから
雑草にとって、ばばは憎い敵!

この世の中、食うか食われるか・・・・・・・
人間だって、生きるためにはたくさんの動植物の命をいただいている。
だから、食事の前の「いただきます」には食材に対して
「あなたの大事な命をいただきます」という意味も込められているのだとか・・・

雑草を大量虐殺したばば、蜂?の命を奪った、じじ。
2人は同じ犯罪者ですか?

 

投稿者プロフィール

ばば
ばば