思い出すなあ・・・シャシャの は・・・・

8月3日(月)晴れ

今日も天気予報では晴れ。

雲が多いけど、陽ざしはあり、暑い暑い徳之島です。

夕べはお月様が綺麗だった〜周りを雲が囲むような感じだったけど。

昨夕、あるホームセンターへ行く途中で、七夕飾りが立てられているのに気づいた。

この集落では、毎年、この船溜まりに七夕飾りが沢山立てられている。

昨日の段階で、まだ10本足らずだったけど、これから又増えるのかな?

山の方へ向かって写真を撮ろうと思ったけど

西日が強すぎて、海の方へ向かってパチリ。

七夕飾り

ばばの集落では、各家庭に七夕を飾るとか、

集落のある場所に飾るとかいう事は無かった。

今思えば、良かったのか悪かったのか分からないけれど、

ばばは、毎年七夕前の図工事の時間に、子ども達に七夕飾りを作らせ

各家庭に持ち帰らせ、飾って貰っていた。

図工の教科書には無かったけれど・・・七夕飾り作りは。。。。

前もって、1週間ほど前に連絡はしてあっても

1年生の保護者にとって、飾りを付ける竹の準備が大変だったかも知れないなぁ・・・

とも思うけれど、竹林とか結構近場にある職場が多かったから

季節の行事を認識させるためにも良かったと思うこともある。

ひとりひとり七夕飾りを作らせて、皆で「たなばた」の歌を歌って、

各家庭に作品を持ち帰る。

でも、途中で、飾りが落ちてしまい、道路のゴミになった事も多々あっただろうな。

最近は、七夕飾りを持ち帰る1年生を見る事も無い。

きっと、全員で作って、教室の中とかに飾っているのかも知れないね。

「たなばた」の歌と言えば・・・未だに忘れられない事がある。

ある職場に勤務中、1年生は七夕飾りを作り、出来上がった後

「たなばた」の歌を歌ったのだが、元気なN君が特別大きな声で

「♪ シャシャの葉 シャーラシャラ〜〜♪」歌ったのだ。

思わず、可愛くて、吹き出しそうになった。

入学から丁度3ヶ月後位の事だったんだよね〜

もう、半世紀近く前の思い出だけど、なぜか「七夕」と言えばN君の事を思い出す。

N君も、もう、50歳前後になっているかなぁ・・・・

今、何処で頑張っているのかなぁ?

懐かしい!

そうそう、七夕飾りの事を書いていたんだった。

ばばがじじと結婚した頃、七夕が近づくと各家庭で高さ数メートルはあろうという

大きな竹に、それぞれの過程で飾りを付けて門に立てていた。

当時60歳だった義母は、五色のテープなどを飾っていた。

風にヒラヒラ揺れる五色のテープが何故か印象深い。

なぜ、各家庭で七夕飾りを作り、飾るのか?

聞いてみた事がある。

すると「お盆に、ご先祖様が、自分の家の七夕飾りを目標に

帰って来るんだよ」って。

この集落の昔ながらの、行事?何だろうね。

そう言えば・・・

実家集落へ行く途中の集落も、各家庭の門とかに

大きな七夕飾りが飾られていたような気がする。

義母亡き後、ばばは一度も七夕飾りを作って飾った事が無い。

両親始め、ご先祖様は帰る家が分からなくて迷っているのかなぁ・・・と

思ったり・・・・・

お盆と言えば、各集落しきたりが色々あるようで

初日はお茶だけ上げて、二日目は朝、昼、夜の3食と

午前午後のお茶も供えるが、食事でも何日目の昼は素麺とか

お茶には黒糖餅とか、色々あるようだ。

「ムシコ」と言われる型菓子も定番だった。

だから、今の時期、お店に行くと、お花や果物をかたどった

カラフルな型菓子が陳列されている。

親の時代は、何故か?毎食と2度のお茶の時間には

4人分ずつ供えていた。

でも、そんなに準備しても、食べきれない。

じじとばば、ふたりになってからは、慣習にとらわれず

自分達が食べる物を、ご先祖様にもお供えするようにしている。

古いしきたりなどを守ることも大事だけど、時代や生活様式に合わせる事も

又、大事なのではと思うばばです。

少し時間に余裕が出来たら、お盆前に実家のお墓参りに行ってこようと思っています。

投稿者プロフィール

ばば
ばば