終わった〜

8月19日(水)晴れ後曇り
怒濤のような1週間が過ぎた。
今年は、義母の初盆なので、
「忙しくなるぞ!」と覚悟はしていた。
13日から15日まで、近しい方々が焼香に来て下さる。
ばばの暮らす地区では、焼香に来て下さった方々に
お茶を出し、心ばかりのお土産を渡す。
ばば達は本家ではないので、お盆のしきたりなども
余り知らなかったし、我が子達が小さくて、
両親も元気だった頃は、送り盆の15日だけ
お墓に集まる親族全員に行き渡るだけの
飲み物やおかず,おやつなどを準備し、夕方は家族全員で墓へ行き
薄暗くなるまで、親族と語らい合いつつ飲食していた。
しかし、親戚の叔父、叔母も亡くなったり
都会の子ども達の所へ行ったりして、今、お墓に行くのは
じじとばばだけ。
だから、送り盆用の準備も特別することは無い。

しかし、2年前義父が亡くなり、初めて初盆を迎えた。
義母は介護施設でお世話になっていたので
全て、ばばが取り仕切らねばならず、
しきたりも知らないばばは心細かった。
その時、周囲の方々の教えてもらいながら
色々な準備をし、じじの妹夫婦も手伝いに来てくれ
姉にも助けて貰いながら、何とか無事乗り切ることが出来た。
今回は、2年前の事を参考にしながら
ばば姉や、帰省中の娘達が手伝ってくれ何とか対応できた。

8月に入ってから準備を始めたが
お盆2日前までに、お土産用の品が届かなかったり
8日頃から,お客さんが見えたりして慌ててしまった。

10日には、屏風を出して立てたり
灯籠を飾り付けたり、仏壇の前にテーブルを出し
お供え物を飾ったり、お線香の準備をしたり・・・・

そうこうしているうちに,お盆になり
娘達が日をずらして帰省したので、じじは空港へ走ったり・・・・
大好きな甥っ子のH君も帰ってきて
普段は,じじとばばだけの我が家も
姉親子を加え、一気に6名になり、賑やかになった。

お盆の間は、何時、お客様が見えるか分からないので
朝からちょっと緊張してしまって・・・
でも、H君や、娘達の好きな鶏飯を作ってあげたり
みんなで賑やかに食卓を囲んだりしていると
あっと言う間に,お盆の3日間は終わってしまった。

お盆が終わると、H君が帰って行き、同じ日に次女も帰って行き
昨日には三女も帰って行ってしまい、
又、元のじじとばばだけになってしまった我が家。

今朝は、何故か全身の力が抜けてしまい
普段より,1時間近く、寝坊もしてしまった。

賑やかだった一昨日までと違い
静かな,静かな我が家。

でも、あと4日すると、長女家族が2年ぶりに帰省するので
一気に賑やかになる。

どこへ連れて行ったら,孫達が喜ぶかな?
何を食べさせてあげたら、喜んでくれるかな?

1年に1回か、数年に1回しか帰省出来ない我が子達。
昨日、空港で3女を見送った帰りの車中で
姉が「1回帰省するのに、
ひとり10万円以上かかるんだねぇ・・・」と言った。
1回島へ帰省したら、1ヶ月の生活費のほとんどが一瞬で消えちゃうんだね。
家族4人で帰省すると・・・・ワァ〜!!!!!
ならば、交通費以上に「楽しい思い出」を作って帰ってもらわなくちゃ。

あと4日。
ドキドキ、ワクワクのじじとばばだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログを休んでいた間に、色々なことがあったので
又、おいおい綴っていこうと思う。

投稿者プロフィール

ばば
ばば