笑い飛ばそう!

☆☆☆ ↑ 上のテーマ(題名)をクリックしてテーマのすべてを表示させてからご覧下さい☆☆          

1月17日(日)晴れ穏やかな良い天気!

綾小路きみまろさんの毒舌漫談が面白いね!

熟年夫婦を題材にした物が多いようだけど

辛辣なこと言われても当たっているから怒れない・・・・

アハハハ〜と大声で笑ってしまう。

今日聞いたのは、題目は分からないが熱烈な恋愛結婚をし、

それから40年後の夫婦の様子を話していた。

まず熱烈な恋愛時代や新婚時代のことをちらっと話し・・・

あれから40年・・・・・・のフレーズの後に強烈な毒舌が。

一言一句じじとばばに当てはめて考え、笑い合うじじとばば。

そう言えば、ここ数年、二人とも大分おかしくなってきているような・・・・

自分のことはまず棚に上げ、じじの反撃を待つことにしてっと・・・・

 

3日前だったかな?(ばばの記憶力もおかしくなってきたぞ〜)

急に空港に行かなくてはならなくなった。

どうせなら、じじの全島一周動画撮影もしたら一石二鳥と

カメラも、ビデオも積み込んだじじ。

ばばは、お出かけとなれば、いつも主に食料調達係と相場は決まっているので

準備万端で出発〜。

じじの動画撮影はばばの実家集落近くの三叉路までは撮影済みなので

今回は三叉路から空港までを撮ろう・・・・

まずは、ばばが中学生の頃の冬休みに走っていた駅伝コースでもあり

またばばの家の田んぼ(今はキビ畑になっている)になっている

通称「長道」と呼ばれる直線道路を撮すことに。

いよいよ三叉路に来たのでフロントガラスをしっかり拭き

いよいよ撮影開始!・・・・と思いきや!!!!

「しまった!!!」と言うじじのいかにも残念そうな声。

逆光?かと思ったり、西日が強すぎるから?と思ったりしながら

「ねぇ、どうしたの?じじ」と問うが返事無し。

大分走ってから「僕ってばかだなぁ〜」と呟いているじじ。

「なんでぇ〜〜」と改めて問うと

「カメラ用のバッテリー二つも持ってきたのに充電してない」って。

こら、こら、じじ。本当に意味無いねぇ〜〜〜。

しばらくは二人とも無言。

何とか気を取り直し、空港へ行き用事を済ませ、

空港横の干潟でユリカモメを写し・・・・

まっ、長時間の動画は撮れなくても珍しいユリカモメの動画が撮れたんだから

良しとしましょう!

続いて第二弾は・・・・

「バッテリーが充電されて無い」ショックからも一晩ですっかり立ち直ったじじ。

翌日は「部分日食を撮りに行こう」と意気盛ん。

ばばは又、食料を調達し準備万端。

じじに「バッテリーしっかり充電した?」と嫌みな念押し。

日食メガネをカメラのレンズに被せるからとセロテープやはさみも揃え

「今日は大丈夫」と自信満々のじじ。

4時には出発。

4時半を回る頃、撮影場所に到着して駐車するやいなや、じじの様子が変。

あっちゴソゴソ、こっちゴソゴソ。

「何してるの〜〜〜」と問うばばに「あぁ〜〜〜、又失敗してしまった」って。

「どうしたの?」と聞き返すばばに

「せっかく準備した日蝕メガネ、忘れてきてしまった」って。

黒いゴミ袋を当てても光は散乱するだけ。

代用になりそうな物を車の中を引っかき回して探すが

これという物はない。

まさか、文房具屋さんまで走っても今は日食メガネなんて無いはず。

一緒にいた姉が「鹿浦小学校に行けば、

何か代用になる物かしてもらえないかな?」と言う。

もう大分昔、何年かお世話になった学校だが

今は鹿浦小学校に知っている人もいないし・・・・・・・・・

じじは「もうダメだ。帰って家の屋上から写そう」と言い出す始末。

だって、亀津からは移せないよ〜。

建物や、山が邪魔になって・・・・それが分かっているから

はるばる伊仙町まで来たじゃない。

ばばは肉眼ででも沈む太陽を見届けるまで帰らないと主張。

そこからがじじの本領発揮!

昨日の日記にも書いたように、じじはあるスーパーの厚手の青い袋を見つけだし

「これなら、なんとかなるかも・・・」って。

長方形に袋を切り、一枚、二枚、三枚、はては四枚と重ねて

その都度試しながら三脚にセットしたビデオカメラを覗く。

次は、一脚にセットしたカメラのレンズに同じようにしていく。

「ズームを聞かせている間は軽くビニルを押さえていて

ズーム設定が終わったらしっかり押さえてて」

と、じじが言うのでばばは指示に従って動く。

なんとか二台のセットは終わったが、じじはカメラを覗いては

「これはダメだ」と呟いている。

そうこうしているうちに、約1時間が経過。

日没が近づくにつれて、肉眼でも日食がはっきり観察できるようになった。

さあ、こうなるとじじは俄然元気になった。

集中して、カメラを覗き込むじじ。

肉眼でじぃっと沈み行く太陽を見るばばと姉。

あっという間に天体ショーは終わった。

太陽が沈み薄暗くなった道を自宅へ向かって車を走らせる。

車中「良かった!メガネ無しでちゃんと撮れた」と興奮気味のじじとばば&姉。

結局、欠け始めた頃の太陽は撮れなかったけれど、

欠けきって沈み行く太陽が撮れたから、そんなに落ち込まなくて良かったね。

気長に待ったから良かったねぇ〜。

慌ててすぐ自宅の戻っていたら絶対写せなかったからねぇ。

自宅へ着き、車庫に車を入れてからばばは夕食の買い物に。

30分ほどで戻ると

「良い画像が撮れてるぞ!」と嬉しそうなじじ。

「日食メガネは?」と聞くばばに

「ちゃんと、大きさを揃えて切ってテーブルの上に置いてあった」・・・って。

2日続けて、大失敗をしたじじ。

「二度あることは・・・」と言うけれど

これからは、じじ&ばば、似たようなことが毎日あるかも知れないね。

いや、もう実際やってるかも・・・

でも、そんな時は怒るんじゃなく笑い飛ばそうね!

「笑う門には福来たる」って言うじゃない。

いっぱいいっぱい笑って福を呼び込もうね〜じじ。

投稿者プロフィール

ばば
ばば