米軍機1000機を迎え撃ち、零戦で202機を撃墜した日本軍

【日本史】米軍機1000機を迎え撃ち、零戦で202機を撃墜した日本軍のエースパイロット・岩本徹三/零戦虎徹
575,483 回視聴 2022/06/18 2022年「トップガン マーヴェリック」が公開されました。世界にエースパイロットと呼ばれた男は数いれど、彼の記録の前には霞んでしまうでしょう。太平洋戦争にて、彼が墜とした敵機の数、実に202。
1週間でのべ1000機という怒涛の物量で迫りくる米軍機を迎え撃つは、日本軍戦闘機部隊約20機。絶望しか残されていない運命に抗い、特攻を拒否し、最後まで戦闘機乗りとして戦う道を選んだ彼は、桜色の零戦を目指して襲い掛かる敵機をことごとく返り討ちにするのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。